ホーチミンにユニクロ1号店がオープン

おはようございます。

本日は遂にホーチミン中心部にユニクロの1号店が
オープンしたそうなので早速行ってみました。

遂にホーチミンにユニクロ1号店がオープン

2019年12月6日。

ホーチミンにユニクロの1号店がオープンした。

いろいろ問題があって出店が長引いていたようだが遂にオープン。

早速、見学に訪れてみた。

ベトナムで活躍する日系企業・公的機関 まとめ

 

ユニクロ新店舗は何処にあるの?

ホーチミンのユニクロ1号店が開店した場所はドンコイ通りとレタントン通りに面したホーチミン1区の中心部にある。

ドンコイ通りはベトナムの銀座と言われる場所で、ホーチミン市内でも地価が高いことで有名である。

またレタントンは日本人街があることでも有名な通りである。

場所的にはこれ以上に無い良いところである。

 

早速ユニクロ1号店に行ってみた

早速ユニクロ1号店にお伺いしてきた。

オープンしたばかりということでレタントン通りの入り口は大混雑。
ベトナム人の間での認知の高さが伺える。

日本人・ベトナム人だけでなく、韓国人や中国人、フランス人なども多くいた。

世間の注目度の高さも伺える。

 

店内のレイアウト

店内のレイアウトは上記写真の様になっている。

■1階:男性服・女性服
■2階:女性服・子供服
■3階:男性服・UT(デザインTシャツ)

が店内のレイアウトだ。

ニャン爺は男性なので男性服が置いてあるフロアを中心に解説させていただきます。

1階

1階にはウルトラライトダウンなどのユニクロ人気のラインナップが展示されています。

他にも酷暑のベトナムで売れそうなハーフパンツなどが展示されておりました。

 

2階

2階は女性・子供向けのアパレルですね。

今回の来店では女性のお客さんとカップルが多かった印象です。

ベトナムの女性の間でもユニクロは人気なのでしょう。

 

3階

いよいよメンズ服のメインフロアです。

男性服の商品と値段を簡単にまとめさせて頂きます。

■ポロシャツ 49万VND (約2500円)
■チノパン 49万VND (約2500円)
■デニム 99万VND (約5000円)
■ボクサーパンツ 14〜20万VND (約700〜1000円)
■ウルトラライトダウン 160〜200万VND (約8000〜1万円)
■ハーフパンツ 40万VND (約2000円)

と言う感じになっています。

正直。。。

少し高いな。。。

日本よりも1.2〜1.4倍は高いイメージですね。
特にウルトラライトダウン。

私日本でウルトラライトダウン買った時は5000円ちょっとだった記憶が。。。

これならデフレ真っ只中の日本で購入してきたほうが安上がりですね。

また、限定品などがあるとの噂もありますが、私が見た限りでは分かりませんでした。

 

調査を終えて

ベトナムにはH&MやZARAなどのファストファッションブランドの新規出店ラッシュです。

外資系アパレルが直営店が増えたのはここ1〜2年という印象です。

1人あたりの購買力で見た時、ホーチミン・ハノイ・ハイフォン市内の一部の市民くらいしかこの価格設定にはついていけないと私自身は思っておりますが、先行者利益を確保するために外資系小売店も出店を先んじて実施しているのでしょう。

いままではベトナムは安価な賃金と若年労働力で生産拠点として見られていましたが、これからは内需の拡大とともに市場としても有力視されて、進出してくる外資系小売が増えてくると思います。

ニャン爺もしばらくベトナムに滞在してその行方を見守りたいと思います。

それでは今日はこの辺で。

2020年度・2019年ベトナム最低賃金 ワーカーの給与はどれくらい?

ベトナムの人口と各国比較