ベトナムで不動産を購入しよう 投資用不動産購入手順

  

投資用不動産を購入しよう。

今回は不動産投資に関して取り上げてみました。

投資は自己責任でお願い致します。 

 

ベトナムで不動産を購入しよう

ベトナムは空前の不動産バブルだ。

しかも人口爆発して、農村の人口も都市に流入しているため、物件は常に不足している状況。

ビングループ、ノバランドを始め多くのディベロッパーが戸建て住宅・高層マンションを建設を計画している。

ベトナムの有名ディベロッパー6選

最近で米中貿易摩擦も相まって中国人も増えてきており、私がよく行くカジノも中国人だらけになってしまった。

私の知人のディベロッパーに話を聞くとあと5年はこの状況が続き、不動産価格は上昇をつづけるとのこと。

このビッグウェーブに乗るしかないと考えている人も多いはずだ。

ちなみに私の友人はエステラというホーチミン2区の高級レジデンスの1部屋購入を検討したが、最終あきらめたそう。

その1年後にその部屋はなんと5000万ほどまでに高騰したとのこと。

最初は2500万程だったそうで大変惜しい事をしたと嘆いていました。

 

ベトナムの不動産市場

2019年現在ベトナムの不動産価格は上昇を続けています。

日系の野村不動産・東急不動産・相鉄なども参戦して、何処の国もここぞとばかりに儲けてやろうと事業を展開しています。

そうはいってもホーチミン周辺のビンホームズはスタジオタイプの安い部屋でも1000万以上とホーチミン市内は中々手の出せない価格まで上がりつつあります。

現在はビンズン省の新都市の方などで開発が進みそちらの方にも高層マンションや戸建てが出来てきています。

そちらの方はまだ同じ様な条件の物件でも市内の物件に比べて2〜3割ほど安い状況です。

またベトナムの不動産投資の凄いとことは何と言っても売却利益に対する税金が安いといううところでしょう。

いうなれば土地転がしも可能ということです。

 

何処で買えばいいの?どうすれば安く買えるの?

それでは投資用の不動産はどうすれば買えるのでしょうか?

その方法を検討してみましょう。

投資用不動産を購入しようとおもったら現地でその物件を扱っている

投資用不動産販売会社に接触しないとダメです。

ディベロッパーが直接販売している場合もありますが、基本的には販売仲介不動産業者を介して購入することになるでしょう。

下記に私が知っているホーチミンの日系投資用不動産物件を扱っている会社を掲載するので参考にしてください。

 

RESS不動産

 

ホーチミンで投資用不動産を紹介してるRESS不動産。

立命館大学卒の松本社長が真摯に対応してくれます。

 

■会社情報
担当者:松本
住所:Top floor,Saigon City Residence, 8A/3D2 Thai Van Lung, D1
連絡先:0286274 3458
WEB:https://ress.vn

 

アオザイハウジング

日本でも不動産事業で有名なプロポライフのベトナム現地法人の不動産賃貸・販売事業部。

日本人が2名おり、扱っている物件数もホーチミンの日系不動産会社の中ではトップクラス。進出コンサルティング業務も対応しているので、ホーチミン1区レタントンのオフィスに一度訪れてみては?

 

■会社情報
担当者:魚山・正木
住所:1st Floor , Blue Star Building , 23 Ton Duc Thang St.,D1
連絡先:+84(0)917-835-778(魚山)、+84(0)916-670-027(正木)
WEB:https://aodaihousing.com/ja/
FB:https://www.facebook.com/aodaihousing/

 

ドラゴンハウジング

こちらも検索上位に出てくるベトナムの有名日系不動産会社。

ハノイ・ホ-チミンの不動産を扱っている。

 

■会社情報
担当者:小島
営業時間:月曜日~土曜日 8:30~18:00
住所:280A Nguyen Dinh Chieu St., Ward.6, Dist. 3,Ho Chi Minh City
連絡先:(028) 35010556
WEB:http://www.dragonsaigon.com (ホーチミン)、http://www.dragonhanoi.net (ハノイ)

 

地球と不動産(Chikyu to Fudosan Inc.)

日本に本社がある不動産会社。

社長の重盛さんはトヨタ自動車のエンジニア出身。

金融・ディベロッパーのバックグランドも持つエリート。

■会社情報
担当者:重盛
住所:東京都渋谷区恵比寿二丁目28番10号
連絡先:(+84)28-3824-3288
WEB:https://chikyu-fudosan.com

 

ベトナムハウス

ベトナムハウスは日系の不動産屋。

主に賃貸がメインの不動産会社だが、一度相談してみてもよいだろう。

不動産情報は日系の中でもトップクラスだ。

 

■会社情報
担当者:青山
住所:9 Hoang Sa, Da Kao Ward, District 1, Ho Chi Minh City
連絡先:(+84) 028 3911 2100
WEB:https://vietnamhouse.jp

 

以上がベトナムでベトナムの不動産を仲介販売している企業になります。

ここから新規物件の購入には販売抽選会に参加しなければあなりません。

詳細は仲介不動産会社の担当者に伺ってみて下さい。たくさん良い物件があるはずです。

最初購入金額の2割〜3割の金額をもっていることが証明できる銀行の残高証明書が必要ですが、それさえあれば抽選には誰でも参加できます。

ただ抽選会も投資用不動産屋に足繁く通って、連絡を取り合っていないと話は舞い込んでこないでマメに連絡を取るようにしましょう。

 

投資用不動産購入条件と手順、注意点は?

★外国人不動産購入条件

ベトナム政府が掲げている不動産購入・売却の条件を下記に記載してみました。

御確認下さい。

1・利益を目的としない住宅目的の購入であること

2・外国人用の物件として国から認められていること

3・ベトナム人からの購入は不可

4・売却する際は外国人に限定

5・ベトナムの銀行口座を保有していること

6・マネーロンダリング防止の為、購入資金が証明出来る書類を事前に提出すること

1に関しては売却益・家賃収入目的での購入は不可ということになりますが、日本に買えるから住宅を売りたいという理由をつければ売却可能だそうです。

また、4に関しても少し不便で、外国人が購入した物件は外国人にしか売り渡すことができないということです。

6に関しては販売抽選会の際もそうですが、資金の証明書を政府に対して提出しなければなりません。

以上が条件になりますが、ベトナム人と結婚した場合はこの限りではありません。

結婚してしまえば外国人でもベトナム人とほとんど同じ条件で購入することが出来るようになります。

ベトナムで成功している日本人で不動産売買で成功している人が多いのはこのためです。 

 

★購入手順

それでは投資用で購入したい物件が見つかった場合はどの様な手順で購入していけばいいのだろうか??

下記に流れを整理してみた。

1・物件を販売している仲介不動産販売業者、ディベロッパーに伺う

2・実際に物件を見学する。

3・各種条件を確認し、購入を決断する。

4・内装業者に内装と家具の設置を依頼する

5・購入後の管理をベトナム現地で委託する会社を探す。

が流れになる。購入後は日系の会社に管理を委託すれば問題はないだろう。

 

購入の前後の注意点

●購入時

1・VAT(10%)と不動産登録税(5%)、合計10%の支払いが必要

2・場合によっては別に仲介業者に手数料を支払う必要がある

●購入後

1・管理費→物件によって異なる。ただし月に3〜4万VND/㎡ほど。

2・修繕積立金→基本的には管理費に含まれる

3・固定資産税→〜2%未満

4・管理委託手数料→借り主を見つける。その後の物件の管理。

●不動産賃貸時(家賃収入)

1・VAT(5%)と所得税(5%)、合計10%が発生する

2・上記とは別に営業登録税が年間100〜500万VNDほど発生する

上記税金の処理に関して日系の税理士や会計事務所に相談してみましょう。

 

人気の投資用不動産

ビンホームズセントラルパーク

ご存知ビンタン区に位置する巨大高層マンション街。

レストラン、カフェ、プール、病院、幼稚園、公園などの施設があり、生活するにはビンホームズから足を伸ばさなくても事足りてしまう。

WEB:https://vinhomes.vn

 

ゲートウェイ

こちらも投資用不動産物件として有名。

サッカー日本代表の本田圭佑が投資用に数部屋購入したとの噂で有名となった。

新興開発区の2区タオディエンに位置する高層マンション。

WEB:http://www.gatewaythaodien.com.vn

 

ベトナムのおすすめ人材紹介会社 まとめ

いかがでしたでしょうか??

ベトナムでの投資用物件購入特集は??

リサーチ→購入→管理とった流れでご説明しましたが基本的には無理に個人でやり取りするのではなく間に仲介不動産や税理士などを挟んで購入・管理しましょう。

皆さんがベトナムで投資に成功出来ることをお祈りしております。

にほんブログ村 海外生活ブログへ


にほんブログ村