週末のホーチミン家族向けスポット 動物園に行ってみた

今回はそんなホーチミン動植物園の情報を記載するので御覧ください。

なお、写真はすべて実際の動物園で撮影したものです。

ホーチミンの名物スポット動植物園

ホーチミンで家族連れで気軽に安心して楽しめるスポットはないだろうか?

ベトナムで家庭を持ち働く日本人なら誰もが一度は思うことだ。

途上国のベトナムで安心して寛げる場所は限られている。

 

しかし、ここホーチミンにも少なからず存在する。それがホーチミン動植物園だ。

 

この動植物園は1区中心部に位置し、レタントン通りのスカイガーデンから歩いて10分のほどのところに位置する市民憩いのエンタメスポットだ。

 

日本の動物園と比べ、動物との距離が近く、迫力ある絵が楽しめる。

ヌーやホワイトタイガーなど珍しい動物も多いため、子供達は初めて見る動物達にしばし没頭する。

 

今回はそんなホーチミン動植物園の情報を記載するので御覧ください。

なお、写真はすべて実際の動物園で撮影したものです。

アクセス

ホーチミン動植物園は1区レタントン沿いのスカイガーデンから歩いて10分程のところに位置しており、ベトナム人の家族連れで毎日にぎわっている。

早速、バイクを置いて場内へ。

 

入場料金は2019年9月現在で大人5万VND、子供3万VNDだ。これも安い。

 

上記写真の入り口を入って右に進むと動物がたくさんいるゾーンなので、右に曲がろう。

左は植物園やプールなどがあるが動物は全くないので注意。

 

いよいよ動物達とご対面

いよいよ動物ゾーンに突入だ。

今回の動物園で見学した有名もしくは珍しい動物をピックアップして順番に紹介しよう。

イグアナ

ゴーカートゾーンの向かいの檻に入っている。

結構大きののでビックリ。イグアナだけで相当数の展示がある。

 

 

ワオキツネザル

イグアナと同じくゴーカートの向かいの檻に入っている。

テレビではいつも動いているイメージがあるがここのサルは全然動きませんでしたね。

 

 

キジ

こちらもゴーカートゾーンにいる。

 

イノシシ

ゴーカートゾーンから池を超えて、突き当たったところ左の檻にいる。

 

 

クジャク

イノシシの隣の檻にいる。結構な数のクジャクを見ることができる。

日本の動物園でもよく見かける種類のクジャク。

 

 

オオハシ

クジャクの隣の檻にいる。結構大きな鳥で嘴も以上に大きい。

黄色い嘴は近くで見るととても綺麗。中南米や東南アジアの熱帯で見られる鳥。

 

 

ヒクイドリ

艶のある体毛とブルーの毛がとても綺麗。

ご存知かもしれないが、獰猛で人を襲うこともあるので注意。

鋭い足の鉤爪には気をつけよう。

 

 

ハイエナ

 

ハイエナが何頭かいるが、太りに太ったハイエナが一匹いる。

このハイエナは痩せているが、野生に近い体型とも言えるだろう。

ハイエナは見た目が鈍臭そうに見えますが、持久力に優れていて、走行速度も時速60㌔を超えるので見た目よりも動ける動物。

 

 

チンパンジー

大抵寝ている。

このチンパンジーは窓の前の子ども達に興味をもっていたので、子どもたちの後ろから私が撮った。今回動物園で撮った中でお気に入りの一枚。

ご存知の方も多いかと思いますが、チンパンジーは大変凶暴で、時として人間をも襲って食べます。

日本でも飼育員や世話係などが、襲われて怪我をするのはよくある話。

 

 

トラ

トラも数等いる。正面から私に向かって歩いてきた所を撮影。

 

 

マレーグマ

このクマは可愛かった。比較的小さく。こういう種らしい。最大で1.5Mほどに成長する。

私達が近くに来ると立ち上がって餌を求めて立ち上がっていた。

 

 

ナマケグマ

こっちのクマは不格好だった。昼間だったが活動的に動き回っていた。

アジアに生息するクマ。胸元にUやYの白や黄色の模様が入っている。

 

ワニ

私達が通りかかったところで口を大きく開けてくれたので激写。

アリゲーターではなくクロコダイルという種。

ホワイトタイガー

世界的にも絶滅危惧種に指定されているホワイトタイガーがホーチミンの動物園で見ることができる。白の毛皮はとても美しく艷やかだ。

カバ

巨大なカバがこのホーチミン動物園にはいる。ビックリするほど巨大なので是非一度御覧ください。

ちょうどカバが池で水と戯れているとこを撮ることが出来た。
今回のお気に入りの一枚。

ヤギ

ヤギに関しては柵の前で餌を購入すれば餌も上げることができる。

 

 

キリン

ご存知動物園の人気者。作から乗り出して草を食んでいるところは可愛らしい。
首を伸ばせば私達に届く距離。

 

 

ゾウ

象の体毛とシワを表現したかったのでこのようにモノクロで加工し、コントラストを出した。

象だけで10匹近くいました。

キリンと同じく動物園の人気者なのでしょう。たくさんの家族連れが見学していました。

 

ヌー

草食動物ゾーンがあって、そこにシカやヌーがいる。正直ヌーのいる動物園は珍しい。

日本の動物園には余りいないでしょう。熱帯のホーチミンならでは。

 

アフリカからやってきたのだろうか?

長旅ご苦労様。

 

アフリカでは草食動物の代表のやられ役みたいな感じだが、ホーチミンの動物園では天敵がいないのでリラックスしている様子だ。

 

シカ

可愛らしいシカが数十頭いた。小さいシカにも立派な角が生えいているなあ。

 

動植物園内には観覧車などの遊具がたくさんあります。

動植物園内には観覧車などの遊具がたくさんあります。

お子様連れの方は、こちらの方も是非お試し下さい。

 

雨も降ってきたし、そろそろ・・・・

小雨も降り始めたのでそろそろ帰ろう。

 

出口は・・・・・・

あった〜。いやー、今日は一日楽しかった。

是非時間があればまた訪れたいと思える動物園でした。

 

 

いかがだったでしょうか?今回のホーチミン動植物園は。

 

実際の所、ほとんどが動物園と遊園地のようになっており、あまり植物園的な要素をありませんでした。強いて言えばところどころガーデンのようなものがありました。

 

しかし、今回始めて訪問してみて思ったことは

 

“メチャメチャおもしろ〜!!”

 

何より、“動物との距離が近い”といことが新鮮でした。

日本の動物園ではまず味わえないでしょう。

 

ワニとかクマとか柵低すぎでちょっと大丈夫かなとおもいましたが、いらぬ心配でしたね。

 

皆さんも下記に詳細記載しておきますので、是非一度時間があるときに動物園をとおずれてみて下さい。

それでは今日はこの辺で。

 

ホーチミン動植物園 詳細情報

 

営業時間: 毎日 7:00〜18:00

入場料:大人5万VND、子供3万VND

住所:2 Nguyễn Bỉnh Khiêm, Quận 1, TP.HCM

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です