釣り針の種類を解説します

釣り針の種類にはどういったものがあるの?

釣り針には大きく分けて5種類あります。

今回はその5種類を解説していきますので御覧ください。

伊勢尼

         

釣り針の形状で一番ポピュラーなのが「伊勢尼」。

色々な魚に対応することができる針になります。

様々なラインナップと価格帯で販売されており、一番市場に流通している針でもあります。

フトコロが広い設計担っているため針が掛かりやすく軸が太めに作られているので、強度が高いです。

デメリットとして、軸が太いのでエサ釣りには不向きで、底物狙いにも不向きです。また、口の小さい魚にも向いていません。

チヌ針やグレ針の元となった針でもあります。

丸セイゴ

        

万能型の釣り針で汎用性が高いため、釣り場ではファーストオプションになりえる釣り針です。

丸セイゴはフトコロが狭い設計なっており、針先も内に向いているいるのが特徴です。

魚が吸い込みやすい点、針先が内向きなので根掛かりがしにくい点が最大の長所です。

岩礁帯での大物釣りなどに向いています。

  

軸と針先が平行に作られているのが最大の特徴である袖針。

小型で、魚が吸い込みやすく、針掛かりが良く、外しやすいのが特徴です。

海釣りでは、イワシ、アジなどの小魚で使用されることが多く、比較的、口の小さな魚を釣るのに適してる特徴を備えています。

サビキなどに使用されている針です。

デメリットとしては小さく、細身で銅が長いため強度で他の針に劣ります。魚がかかった際もこちらから合わせてやらないと深くかからないことがあります。

流線

   

袖針の軸の長さと丸セイゴの曲げを合わせたのがこの流線の特徴です。

キツネ針とも言われています。

メリットとしては細身のスタイルで魚が呑み込みやすく根がかりしづらい形状といったところでしょうか?

デメリットとしては細身で針先が内向きの為、奥まで飲み込まれやすいといったところです。

キス釣り用の針として利用されていることが多いです。

ムツ

             

                         

針先が極端に内側に向いている独特の形状が最大の特徴です。

この形状により、根掛かりが少なく、魚に丸飲みにされても簡単には針がかからず、こちらから合わせて口元で針がかかるのが特徴です。

特性から根掛かりが多い岩礁帯の釣り場に生息する、根魚に良く使用されます。

ムツの最大のデメリットとしては針が掛かりが悪いといったところでしょうか?

 

いかがでしたでしょうか?

今回の釣り針の種類5選は?

釣り針の選択の基準は、狙う魚の大きさ、その捕食方法、その日の状況、餌の種類などによって臨機応変に選ばないといけません。

今回ご紹介させていただきました釣り針の種類の特性を理解していただいて、実際の釣行でより適した釣り針を選択ができる参考にしていただければ幸いです。

適した釣り針を選ぶことができれば釣果は変わってくるはずです。

次回は針の大きさや太さ、色に関してより深堀りしていきますのでお楽しみに。

それでは。

 

Anglers vol.1 タックルベリー ホーチミン店 〜加藤さん〜

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ