ホーチミンでお引越し 学生街のグエンティミンカイへ

 

本日はベトナムでの引越しを敢行を記事にしてみました。

 

ホーチミンでお引越し 学生街グエンティンミンカイへ

本日はホーチミンでの引っ越しを記事にしてみました。

私が住み慣れたTheManor2からグエンティミンカイの個人経営のアパートへ引っ越ししました。

グエンティンミンカイは学生街として有名であり、ホーチミン人文社会科学大学のお膝元の通りで、ベトナム人の学生や海外からの留学生で賑わっております。

ホーチミンの1区に位置しておりますが、学生街ということもあり、飲食・住居費は他の場所と比べて遥かに安いし、色々なバリエーションが揃っております。

現地採用や中小企業勤務で若くして駐在で来ている方にはオススメの引越し先エリアです。

家賃は月270㌦〜になっており、ホーチミン中心部では破格の値段です。

皆さんも是非今回の記事を参考にして、グエンティミンカイでの生活を検討してみてください。

ホーチミンの相棒に バイクを乗りこなし、世界を広げよう

 

住み慣れたManorからの引っ越し

私が2年間住んだTheManor2を本日1月5日付け出ていくことにした。

理由は色々あるのだが、お金を節約したいこと、ベトナムをもっと知りたいがため新しい生活の拠点に移りたいこと、現在住んでいるところに少々飽きてきたことなどが挙げられる。

以前TheManorに関して記事で取り上げたが、コストパフォーマンスは抜群のアパートだった。

“THE MANOR” 〜ベトナム駐在員御用達レジデンス に住んでみた〜

現在でも35平米のスタジオタイプの部屋は家賃500㌦前後で貸し出しており、他のビンホームズセントラルやサイゴンパーール、シティーガーデンなどの高級レジデンスと比べればかなり安くて手が出しやすい価格帯となっている。

私は引っ越すが、新しく転居を考えていてベトナムに初めて住む人にはオススメの物件である。

ただ、TheManorの欠点は周りに、お金持ちが使うような施設しか無いことである。

ここに住んでいては快適だが、ベトナムの庶民の生活、本当の姿を知ることは出来ない。

ということで新しい転居先は繁華街でもあり、学生街であるグエンティミンカイに決めた。

部屋を引き払ったのだが、荷物が多すぎて。。。

釣具とゴルフバッグは既に転居先に持っていったのだが、それ以外でも100㌔くらいはありそうだ。

写真に映っている以外にも、衣類が入っている簡易タンスとリモアの100弱のスーツケースがある。

荷物を7人乗りのタクシーにぶっこんでいざ引っ越し!!

 

いざ荷物を持ってグエンティンミンカイ路地裏のアパートへ

新しいアパートはグエンティミンカイから脇道に入っていったところにある。

大体夜の10時くらいまで通り全体はにぎやかだが、10時をすぎると一斉に店じまいをし始めるので、訪れるなら21時までにして下さい。

脇道を入って行き、

突き当りを右折すると私のアパートが見えてくる。

今回のアパートには日本人が3人ほど既に住んでいるらしい様子。

また、グエンティミンカイ周辺には日本語で書かれた看板も良く見るので日本人も沢山すんでいるのであろう。

アパートに到着。鍵を開けるとそこは。。。

まさに民家そのもの(笑)

私の部屋は4階なので荷物を持って上がることに。

新しい部屋は悪くない。部屋の大きさは前の部屋と同じくらい。

大家さんの印象も良かったので今後が楽しみだ。ただ盗難だけは注意することにしよう。

カメラもお金もあるし。

バルコニーもついていて少しおしゃれ。外の空気が吸えてと景色が見れるのは嬉しい。

大体300㌦程度だと窓もついていないところがある。

今後はこの部屋にこもってブログを書いていこう。

ニャン爺紹介

 

今オススメの引っ越し先 ローカルエリア

折角なのでオススメの引越先の物件やエリアをいくつか記載していきたいと思う。

今回は皆が知っているような高級レジデンスは省いてご紹介致します。

 

Phu Nhuan District

こちらはホーチミン市内と空港の中間地点にあるエリア。

1区、空港にアクセスが容易で、家賃もローカルプライスのアパートが多い。

グエンバンチョイという大通りに陣取れば、一直線で市内にアクセスできるので時間もかからない。

飲食・日用品の買い物にも困らないニャン爺オススメの引越エリアだ。

 

Nha be District

こちらは7区の南に広がるエリア。

近年開発が著しいエリアで、7区までのアクセスが容易。

オフィスや工場が7区・LongAn省にある方はNhaBeに住めばアクセスが容易

家賃も1区や7区と比べて2割ほど安く、築浅のレジデンスに住める。

 

Binh Thanh District

前述の私が住んでいたマノーがあるのがこのビンタン区。

ビンタン区には高級レジデンスもあるのだが、ローカルのアパートも充実している。

第2の日本人街と言われるファンビッチャン通りなどにもローカルアパートがある。

ただ、ビンタン区は広く、おすすめしたいのはディエンビエンフー通り以東のエリアだ。

こちらは完全にローカルエリアとなっているので家賃は格安。

1区に隣接もしているので住みやすくもある。

 

いかがでしたでしょうか?

今回の引っ越し記事は?

後ほどもう少し写真・情報などを追加予定なのでよろしくお願い致します。

マッサージに行こう ホーチミンおすすめマッサージ店 8選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です