ブルーヘブンL120N−Hiを購入 〜ベイトリールの最高傑作〜 

 

本日はスタジオオーシャンマークが世界に誇るリール

”ブルーヘブンL120N−Hi”

を購入してみた

 

”ブルーヘブンL120N−Hi” オフショア超大物を釣り上げるためのベイトリール

私が昨年からずっと購入を考えていたオフショア用の大型ベイトリールがある。

それが ブルーヘブンL120N−Hi だ。

釣り好きの間では超有名なこのベイトリールはスタジオオーシャンマークという会社が作った傑作だ。

☆スタジオオーシャンマーク☆

私もL30とL50を使用しているが、いずれも使い勝手が良く、特にL30に関しては小さいにも関わらずそのパワーとボディの剛性は想像以上である。

特に私がヘビーユーズしていて、オススメなのがL30。

評判もいいので是非購入を検討してみて下さい。

スタジオオーシャンマーク BlueHeaven(ブルーヘブン) L30Hi/L-LB(16) AE85 ライトブルー 310-78587

価格:86,350円
(2020/1/13 03:18時点)
感想(0件)

いままでシマノのオシアジガーなども使用したことがあるが、ブルーヘブンのほうが総合的にみて頭一つ抜けている感じである。

ブルーヘブンL120の良さとは?

簡単にL120の良さを詳解しておこう

リールの剛性

ギアはステンレス、ボディはアルミで出来ており、ギアが壊れたり、ボディが歪んだりは無い。

糸巻き量

PE5号450M、6号400Mと中深海の大物とのファイトに十分な糸巻き量が確保できる。

最大ドラグ13㌔にもかかわらず精密なドラグ調整が可能

大物とのファイトに必要な13㌔。ちなみに私の持っているL50は9㌔。

ドラグの強弱ももレバーで1メモリづつ確実に操作が可能。

コンパクトなボディ

ナロー設計ということもあるが、スプール幅は26㍉。成人男性の手に収まるサイズだ。

ホーチミンの釣具屋 ”Saigon Tackle” にて購入

さて今回は私が懇意にしている”SaigonTackle”の店長Triさんよりほぼ新品のL120を買えることになった。

何でもスペアで常に用意していたものを使わないから売ってくれると言うのだ。

 

通常L120N-Hi左巻きを新品で買うと16万円程、中古で買うと12万程の値段となる。

スタジオオーシャンマーク BlueHeaven(ブルーヘブン) L120N-Hi/L 左巻き D 310-78554

価格:159,500円
(2020/1/13 03:15時点)
感想(0件)

ということで今回は1150㌦で譲ってもらうことになった。

ベトナム・ドン換算すると、2,691万VNDとなった。

日本で買ったほうが少し安いが、ベトナムで釣り場を紹介してくれたり、アテンドしてもらっている恩もあるので多少高いが購入することに決めた。

10万以上するリールのスペアを持つなんて私の財布で難しい。。。

https://vietnam-fishing-barramundi.com/2019/11/10/ホーチミンの有名釣具店に行ってみた%E3%80%80博識なtri/

早速開封の儀式をすることに。

黒の高級感あふれる袋に入っているがその中身は。。。

傷一つついてない中古品ではないか。

これだけ状態のいいものなら1150㌦の価値は十分にある。

ナローモデルなのでスプールの幅が若干狭くなっている。

それだけでに自分の手の平で十分扱いやすいサイズとなっている。

また、前述したレバードラグだが、1メモリづつ正確に動かせるよう、精密に作られている。

ちなみにこのレバーをMAXまで押し込めば最大ドラグ、一番手前まで引けばフリーフォールという形の設計になっている。

ドラグは上記の写真の様にノブをひねることでより精密に動かせる。

最高のリールで有ることが手に取ればすぐに感じることが出来るだろう。

 

このリールを使ってベトナムでどんな魚を釣り上げるのか?

 

それではなぜ私がなぜベトナムでこのブルーヘブンL120N-Hiを購入したのか?

答えは簡単である。

それは巨大カンパチを釣り上げるためである。

写真のカンパチはベトナム昨年あがった71㌔のものである。

詳細は私が以前記載させていただいた行動目標のところに詳しくは記載しているのでそちらで確認して欲しい。

ニャン爺の行動目標

ベトナムの中部にはアングラーも訪れておらず、漁師の編みが入らないような深場が沢山あり、巨大なカンパチが未だに多数存在するスポットがあるのだ。

今年はそんな巨大カンパチをこのスタジオオーシャンマークのブルーヘブンL120N-Hiで釣り上げるのが私の目標である。

釣り上げたらガッツリ記事書きますので皆さんシェアお願いしますね。

それでは今日はこの辺で。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です