シングルフックの長所とは?? 

今回は皆さんもよく使っているであろうシングルフックに関してまとめてみた。

シングルフックとは?

シングルフックとは針先が1つのフックの事を指します。

一般のフックの殆どはシングルフックとトレブルフックの2種類に分類される。

そしてキャスティングルアーの多くはトレブルフックを採用しており、シングルフックを付属の針として採用している商品は少ないのが現状です。

ただしシングルフックは他のフックにはない魅力や特徴があります。

順を追ってご説明させていただきます。

 

シングルフックを使う場面

まずシングルフックとはどういった場面で使うことが多いのだろうか?

シングルフックで釣りで利用する代表的な場面をいくつか上げてみることにしよう。

シーバスフィッシング

ご存知河口でのシーバスフィッシングでシングルフックは重宝されています。

私もベトナムでバラマンディを釣る際にはシングルフックを使用するようにしています。

オフショアキャスティング

オフショアキャスティングでプラグにシングルフックが付いているのを見かけた人もたくさんいるのではないでしょうか?

パワーファイトではトレブルフックだと針が伸びる可能性があるのでシングルフックを多用している人も多いはずです。

管理釣り堀

ニジマス釣りなどを行う管理釣り堀などでもシングルフックを多用している。

シングルフックはトレブルに比べて魚に対する負担が少ないのも特徴だ。

ベトナムのおすすめ釣り堀

 

シングルフックの長所

それではなぜ数多くの種類がある中で好んでシングルフックを使う人がいるのだろうか?

それには当然長所がたくさんあるからに違いない。

この章ではシングルフックの長所をまとめてみた。

フッキングに必要なパワーが少なくてすむ

針先が3つあるトレブルフックだとフッキングの際にパワーが分散してしまうが、シングルフックなら1つの針先にパワーが集中するので、少ない力で貫通させることができる。

また掛かったあとのファイトでもトレブルフックよりも安定したものになり、アングラーの負担が減ります。

外れにくい掛かり方

これに対してシングルフックは掛かり方のよさが特徴だ。

ハリ先は1本ながら、魚からの吸い込みに対してハリ先が魚のほうに向きやすく、一度掛かればと魚から針が外れることはまず無い。

合わせた際の力が1点・1方向なので貫通が容易で外れにくい。

針の重さが軽い

針の重さはルアーの動きに直結するのでできるだけ適正なものにできるかが重要です。

同程度の大きさなら重量はシングルフックのほうが軽いため、トレブルフックを大きくするとハリの重さが大きい場合にシングルフックにして太く頑丈なハリを装着することが可能。

根がかりが少なくて済む

根がかりが少ないのもシングルフックの特徴であるだろう。

シーバスゲームなどで深いレンジを狙う時、リフトアンドフォールなどを利用してルアーを動かす時などは根がかりの危険が常にある。

シングルフックはトレブルフックに比べ根がかりの可能性が低く、扱いやすい。

フックが外しやすく、魚への負担が少ない

針先が1本なのでフックが掛かった時に外しやすい。

そのため、魚への負担が少ないフックである。

ニャン爺もこの点はすごい気に入っていて、釣り堀などでキャッチアンドリリースをするゲームアングラーにとっては魚をいかに大切に扱うかも重要である。

地球のの資源は有限です。皆さんも、魚にやさしいシングルフックを使って大物をたくさん釣り上げてください。

 

シングルフックの短所

ルアーが泳がなくなる

なんと行ってもこれが1番のデメリットでは無いだろうか?

ルアーに付いている付属のトレブルフックと同じ重さにしないとルアーがうまく泳いでくれない。
また同じ重さにしても抵抗や長さが違うので付属のフックと同じ動きは期待できない。

自分で細かい調整を加えながら適切なシングルフックを選ぶことが重要になってくるが、経験と実践が必要。

フックする確率が低くなる

フックが掛かればシングルフックは強いが、はやり針先が3本あるトレブルフックなどのほうが針が掛かる可能性は高い。

吸い込み系の魚にはシングルフックは有利か。

また、トレブルだとスレがかりなどで釣れる可能性もあるが、シングルフックだとその確率はグッと下がる。

見た目が少しダサい

シングルフックをつけたシーバスルアーは何処か野暮ったく見えてしまいます。

トレブルフックのほうがしっくり来ていますね。

 

シングルフック以外にはどういった種類があるの??

四本針

たとえば、タチウオはハリ先がトレブルフックよりもさらに1本多い4本バリもよく使われる。

トレブルフック

最大の長所は針掛かりが良いこと。

トレブルフックは、ハリ先が多いゆえに多点に掛かろうとして力が分散したり、すぐに外れやすいところに先に掛かるなど、掛かったはよいが、魚の抵抗次第で外れてしまうこともある。

ツインフック

私も使っている2本針のフック。

シーバス用に使っているが、根がかりをしないようにツインフックを使用している。

 

結局シングルフックはどうなの?

結論をいいますと

最高に使い勝手がいいです。

1・針を外しやすく、魚に負担が少ない
2・一度掛かったら外れにくい。
3・根がかりしずらい。
4・1点に力が集中するのでファイトも安定してこなせる。

上記の点から私はベトナムでのバラマンディ釣りにはシングルフックを使用するようにしました。

何よりゲームフィッシング主体のアングラーにとって、魚への負担が少ないのは良いことだと思います。

いかがでしたでしょうか?

今回のシングルフック特集は?

私もトップ画像にあるように先日付属のフックから、がまかつのシングルフックに取り替えました。

以前シングルを使って針掛かりがよく、掛かったあとのファイトが安定しているように感じ、使うことにしました。
トレブルフックだとバラマンディがエラ洗いをするたびにヒヤヒヤしなければなりません。

今年はシングルフックを使ってブンタウの海バラ(海岸線から近い海に生息するバラマンディ)を釣りまくろうと思っております。

皆さんご愛読よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です