離島で釣り 大物が狙える日本の離島20選

 

釣りで大物が狙える日本の離島20選を記事にしてみました。

参考にして皆さんの釣りライフを充実したものにしてください。

 

南大東島(沖縄)

概要

沖縄本島から東に約400kmの場所にある島が”南大東島”です。

北大東島・沖大東島と合わせて、大東諸島を構成する島の1つです。

「絶海の孤島」と呼ばれており、隣の北大東島とは15kmしかはなれていないのにも関わらず、その間の海は水深1000m以上の深海が広がっています。

 

釣れる魚

人がほとんど立ち入らない島なので魚影は濃いです。

熱帯の魚を中心に、GT・キハダマグロ・カンパチなどの大型回遊魚を釣ることができます。

【南大東島で釣れる魚】南大東村観光協会

以前こちらの島では71キロ、186センチの日本記録のカンパチが上がっています。

動画を掲載していますが、PE30号・ナイロン100号を使って釣り上げたそうです。

■カンパチ日本記録

■磯釣り

 

地図

 

アクセス

■飛行機

料金:片道16000円、往復32000円

◎往路
RAC861 出発9:45〜到着10:50
RAC867 出発13:10〜到着14:15
◎復路
RAC862 出発11:20〜到着12:30
RAC868 出発15:35〜到着16:40

 

■フェリー

料金:片道約6000円、往復約11000円

南大東島へのフェリーアクセス詳細

北大東島(沖縄)

概要

南大東島の北に約12㌔の位置にある島。

南大東島よりも一回り小さい島。

釣れる魚

熱帯の魚を中心に、GT・キハダマグロ・カンパチなどの大型回遊魚を釣ることができます。

南大東島と釣れる魚は一緒です。

■磯釣り爆釣

■大物がヒット‼

 

地図

 

アクセス

南大東島より飛行機とフェリーでアクセスできます。

■飛行機

飛行時間で約3分。運航会社はRAC。

■フェリー

料金:片道約6000円、往復約11000円

北大東島へのフェリーアクセス詳細

 

石垣島(沖縄)

概要

沖縄本島から400キロ南西に行くと石垣島に到着。

リゾート地としても有名多くの観光客が訪れる風光明媚な島。

特に台湾からも近く飛行機やフェリーの直行便がある。

 

釣れる魚

石垣島で釣れる魚は豊富だ。

ハタ、ヒラアジ、フエフキダイ、スジアラといったところが人気のラインナップであろうか?

■フリースタイルフィッシング

ご存じ有名アングラー村田基が提唱する”フリースタイルフィッシング”と石垣島の魚の数々

■堤防からのGTファイト

堤防からこれだけ大きいGTが釣れるのは沖縄の離島ならではですね。

■巨大ハタ

沖縄県記録らしいです。堤防からこんな魚釣れるんですね。

 

地図

アクセス

■飛行機

◎羽田発着 直行便
往復料金:約20,000円~(JAL/ANA)、約17,000円(PEACH)
片道所要時間:約3時間

◎成田発着 直行便
往復料金:約20,000円~(JAL/ANA)、約17,000円(PEACH)
片道所要時間:約3時間30分

◎那覇発着 直行便
往復料金:約10,000円
片道所要時間:約1時間

 

久米島(沖縄)

概要

大物回遊魚を釣ることができる日本屈指の離島”久米島”。

夏は羽田から直行便があるが、飛行機で沖縄乗り継ぎでしかアクセスするのが一般的。

海外からも多くのアングラーが訪れる。

参考に私が以前訪れた際の記事をアップしておきます。

モンスターアイランド”久米島”でキハダマグロを釣り上げろ

 

釣れる魚

島の周りには水中パヤオが沈められており、その周りに大型の回遊魚が集まってくる。

50キロ以上のキハダマグロ、200キロ以上のメカジキなどをいとも簡単に釣り上げることが出来るので、大物狙いのアングラーは是非訪れて欲しい。

■ジギングで狙う大型キハダマグロ

私も参考にしている鈴木プロの動画です。こんだけ大きいのが釣れれば楽しいでしょう。

■リーフキャスティングで狙うカスミアジ

久米島のリーフではカスミアジが簡単に釣れます。
大物以外の釣りでも楽しめるところはポイント高いですね。

海もきれいだしリラックスできる瞬間です。

 

地図

アクセス

■飛行機

夏は羽田より直行便が出ている。
通常は那覇経由でRACを使ってアクセスする。

■フェリー

周りの離島にフェリーがでています。

 

西表島(沖縄)

概要

マングロープの湿地帯が生い茂る”西表島”。

どちらかと言えば釣り場としてよりも、観光地として有名である。

カヌーやトレッキングなどのアクティビティが人気である。

 

釣れる魚

ミーバイ、チヌ、マングローブジャック、チヌ、GT、フエフエキダイなどである。

大物というよりどちらかといえばマングローブ近場に生息するような魚種が多く見られる。

■カヤックでマングローブジャック釣り

■マングローブでフライフィッシング

 

地図

 

アクセス

■フェリー

石垣島より片道40分ほど

 

与論島(沖縄)

概要

西表島と同じでどちらかと言えば観光地として有名であり、風光明媚なビーチがたくさんあることで有名。

与論島の有名ビーチ

釣れる魚

■与論島の巨大魚

■近海ジギング

 

地図

 

アクセス

■飛行機

片道所要時間:鹿児島発1時間15分、那覇発40分

■フェリー

片道所要時間:那覇発約5時間
料金:約1500円
運行会社:マリックスフェリー・マルエーフェリー
スケジュール
(那覇港)7:00 →(本部港)9:00
(本部港)9:20 →(与論港)11:50

(与論港)14:10 →(本部港)16:40
(本部港)17:10 →(那覇港)19:00

 

与那国島

概要

この島は、沖縄の最西端つまり、日本の最西端にある離島です。

また最西端という土地柄、日本で最も遅く夕日が沈む島でもあります。

東京からは2000km以上、沖縄本島からは約520kmほど離れており、人口はおよそ1800人程度の 小さい島です。

釣れる魚

与那国島はカジキのトローリングで有名です。

カツオや小型のマグロなどの魚を釣り上げ、それを餌にカジキをつりあげます。

クロカジキ・シロカジキ・バショウカジキ・マカジキとカジキなら何でも釣れます。

それ以外にも黒潮の真っ只中にある人工漁礁を攻めて大型魚を狙う釣りも可能です。

■巨大カジキを釣り上げろ‼

■与那国島国際カジキ釣り大会

地図

アクセス

■飛行機

現在本土から直行便は就航しておらず、那覇経由・石垣島経由となっている。

往復料金:那覇発約17,000円〜、石垣島発約約12000円〜
片道所要時間:那覇発、石垣島発

 

八丈島(東京)

概要

東京から南に300㌔のところにある東京都に属する島です。

八丈島が初めて本土の支配下に置かれたのは、鎌倉時代であり、江戸時代には罪人が島流しに合う島とされてきました。

海・山と自然が楽しめるスポットで一時は日本のハワイと言われ人気のスポットとなった時がありました。

釣れる魚

■哀川翔の大人倶楽部 ”今年も来たぜ‼八丈島‼”

■八丈島で人気の高級魚

地図

アクセス

■飛行機

現在ANAが1日3便すべて運航している。

◎片道料金:約15,000円~25,000円(時期による)
◎片道所要時間:約60分

■フェリー

1日1便港区の竹芝客船ターミナルより大型客船「橘丸」が就航しています。

日本の離島へGO‼ 運航スケジュール詳細

◎片道料金:特等約24,000円、1等約17,000円、2等約9,000円(ハイシーズンは別料金)
◎片道所要時間:約10時間30分

 

小笠原諸島(東京)

概要

東京都小笠原村に位置する島嶼。

約30の島々からなり、総面積は104平方キロメートル。

釣れる魚

釣れる魚はカンパチ、キハダ、イソマグロ、GT、ハタなどの大型魚が中心。

釣り船はたくさんあるので下記のサイトを参考にしてみてください。

小笠原諸島の釣り船

サザエなどの水産動物もよく取れる。

 

■小型カンパチ

■ロックショアゲーム

 

地図

アクセス

■フェリー

おがさわら丸
所要時間:24時間
料金:片道22,570円〜
◎往路:東京 11:00発 〜 父島 翌11:00着
◎復路:父島 15:00発 〜 東京 翌15:00着

 

新島(東京)

概要

こちらも東京都新島村。

釣りでも有名だが、それ以上にサーファーで賑わっている。

観光できるスポットが多く、見る場所が多い。

東京都新島村ホームページ

釣れる魚

釣れる魚種は豊富。

メインは陸っぱりからのキャスティングの釣りになってくる。

カツオ、ヒラメ、小型カンパチ、真鯛、アオリイカ、ヒラスズキと言った釣れる。

■サーフキャスティング

 

 

地図

アクセス

■飛行機

小型プロペラ機約19名乗り。料金は14,000円。

■大型フェリー

◎往路:22:00〜(東京発)
◎料金:1等約15000円、2等約7000円

 

伊豆大島

概要

大島(伊豆大島)は伊豆半島から25㌔と本州から日帰りで訪れることができるスポットである。

ご存知三原山が存在し、カルデラ地形を見て取ることができます。

人口8000人弱の小さな島。

 

釣れる魚

磯釣りがメインです。

ハタ・カサゴなどの根魚を中心に、マアジ・イサキ・カツオ・カンパチ・ヒラマサ・シマアジなどが釣れます。

サイズを狙うというよりも、小さい魚をたくさん釣る感じですね。

■大物釣り

■磯釣り

 

地図

 

アクセス

■空路
運行会社:新中央航空
航路:調布飛行場⇔伊豆大島

■船便
竹芝・横浜・熱海・久里浜⇔伊豆大島

 

種子島(鹿児島)

概要

人口3万人。

鹿児島県の東端に位置する島で日本の離島では3番目に大きな島となる。

宇宙開発センターなどもあり、日本の宇宙開発の中心的存在である。

近年では移住者も多く、島も誘致に力を入れている。

 

釣れる魚

種子島で有名なのはグレ釣り。

また下記にも上げるがアオリイカ釣りでも大きな獲物が釣れる。

■巨大イカ釣り

■ヒラスズキ釣り

 

地図

アクセス

■飛行機

航路:鹿児島⇔種子島
所要時間:約30分
◎往路
8:50→9:25、13:40→14:15、16:10→16:50
◎復路
9:55→10:25、14:40→15:10、17:15→17:50

■フェリー

航路:鹿児島南埠頭→西之表港
所要時間:約3時間40分(カーフェリー)、約1時間40分(高速艇)

吐噶喇列島(鹿児島)

概要

位置的には鹿児島県の南西に位置する島嶼群。

トカラ列島は漢字で吐噶喇列島と記載し、地名の由来は「沖の海原」を指す「トハラ」から来たとのこと。

また天気予報の区分では奄美大島にはいる。

 

釣れる魚

大物狙いのアングラーが日本中からやってくる吐噶喇列島。

GT・カンパチ・クエ・キハダマグロ・イソマグロなどの大物をつることが可能だ。

下記の動画はGTアングラーで有名な福井健三郎氏の釣行動画である。

皆さん参考にして欲しい。

 

■福井健三郎の巨大GT

福井さんは吐噶喇列島に移住し、GTフィッシングガイドを務める有名人。

その船”BIG DIPPER”は1年先まで予約で埋まっているというほどだ。

みなさんも是非来シーズンはトカラでGT釣りに挑戦してみてはいかがだろうか?

吐噶喇列島GTフィッシングボート
”BIG DIPPER”

■山本啓人のカンパチスロージギング

 

地図

 

アクセス

■フェリー

運営:フェリーとしま
航路:トカラ列島(十島村)⇔鹿児島港(月曜日か金曜日に出船)
料金:約7000〜1万円

 

屋久島(鹿児島)

概要

鹿児島県の南方に位置する島嶼。

日本では7番目に大きい島であり、屋久杉自生林などが見られ、ユネスコの世界遺産にも登録されている。

釣れる魚

有名どころだと巨大アオリイカだろうか。

他にもGTや小型のカンパチなどの魚を釣ることができる。

■ロックフィッシュゲーム

■エギングゲーム

地図

アクセス

■飛行機

航路:鹿児島→屋久島(35分)
料金:4,900円
◎往路 8:45→9:25、10:25→11:05、11:30→12:10、15:25→16:05、17:50→18:30

■高速艇

航路:鹿児島→屋久島(1時間50分)
料金:9,200円
◎往路 7:30→10:30、7:45→9:45、9:10→11:45、10:20→13:50、13:20→15:10、16:00→18:30

奄美大島(鹿児島)

概要

屋久島よりも更に南に位置する奄美大島。

独特の自然を育み、アマミノクロウサギ・ジュゴン・セミクジラ・イボイモリといった動物が生息している。

近畿大学のクロマグロの養殖場もこの奄美大島に存在する。

釣れる魚

奄美大島ではリーフフィッシングや近海での五目釣りが盛んなようです。

イタリア人芸能人のジローラモさんも奄美大島での釣りを満喫したようです。

動画をアップしますので御覧ください。

■GTを追って(パンチェッタ・ジローラモ)

■ショアで五目釣り

地図

アクセス

■飛行機

航路:東京⇔鹿児島(片道110分)、1日8便(JAL)
往復料金:約2万円

航路:鹿児島⇔奄美(往復120分)、1日2便(スカイマーク)
往復料金:約7,000円

航路:鹿児島⇔奄美(片道150分)、
往復料金:36,000円(JAL)、14,100円(Peach)

対馬(長崎)

概要

長崎に属する島で人口は3万人ほど。

九州玄界灘の北に位置しており、魚影は濃い。

暖流の対馬海流が流れているため、一年を通して比較的温暖な気候・多雨という海洋性の気候となっている。

釣れる魚

ブリ・ヒラマサ・アオリイカ・グレ・真鯛・メジナなどの魚が釣れる。

 

■ロックショアのヒラマサゲーム

■磯場でのグレ釣り

 

地図

アクセス

■空路

往路:福岡⇔対馬(35分)
料金:約14,000円

■海路

高速艇:博多⇔対馬(1日2便)
料金:約7,000円

フェリー:博多⇔対馬(1日2便)
料金:約4,000円

男女群島(長崎県)

概要

長崎県の五島列島の一部である”男女群島”。

磯釣りで多くのアングラーを惹き付けるその場所には対馬海流がぶつかり、絶好の漁場となっている。

釣れる魚

磯場なので、グレ、ブダイ、クロダイ、イシダイ、マダイ、ハタ、クエ、ヒラマサと言った獲物が釣れる。

■青物

■電動リールで大物を狙う

地図

アクセス

■釣り船

片道:3時間
料金:約40,000円

壱岐島

概要

玄界灘の向かい側にある”壱岐島”。

玄武岩に覆われた大地は、農村集落と漁村集落に分けられ、昔は交易の拠点として栄えた。

釣れる魚

どうやら壱岐島ではギガアジが釣れるみたいです。

ギガアジとは大きなアジのことを指します。

■ギガアジ爆釣

■アジ釣りライトゲーム

地図

アクセス

■高速艇

所要時間:片道1時間
路線:博多港⇔芦辺港

■空路
所要時間:30分
路線:長崎空港・福岡空港⇔壱岐空港

伊島(徳島県)

概要

徳島県にある小さな島。人口は200名弱。

 

釣れる魚

ハマチ・メジロ・ブリ・カンパチ・マダイ・サワラなどが釣れます。

■グレ・イサキ爆釣

地図

アクセス

■フェリー

料金:大人 約1,000円
航路:答島港⇔伊島(1日3便)

佐渡(新潟)

概要

新潟県の島であり、最近では村おこしで有名となった島である。

釣れる魚

ヒラマサやブダイの大きいのが釣れる。

■ショアキャスティング ヒラマサゲーム

地図

アクセス

■フェリー

所要時間:2時間30分
料金:片道約2,400円

■高速艇

所要時間:約1時間
料金:片道約6,400円

 

いかがでしたでしょうか?

今回の日本の離島で釣り特集は?

私も九州や長崎あたりは特に行ってみたいですね。

それでは今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です